linkedin chat-social x-social
accent-image hero-image

ClinChoiceグループ
とは

About ClinChoice

ClinChoiceグループは、北米、アジア及び欧州の8カ国に2,200名以上の臨床研究専門家を擁するグローバルな臨床研究開発業務受託機関(CRO)です。1995年に米国フィラデルフィアで統計プログラミングに特化したCROとして起業したK&L社からスタートし、2007年に起業した中国発のCRO・方恩社とK&L社が2014年に合併、2015年には日本に現地法人とアルメニアに支社を設立、翌年には安全性監視業務を得意とするインドのCROと合併し、2020年に新しいブランド名として会社名をClinChoiceに統一しました。
ClinChoiceグループは新ブランドのもと、製薬、バイオテクノロジー、医療機器、消費者向け製品、パーソナルケア製品、化粧品等の企業に対し、高品質の臨床開発ソリューションをフルサービスで提供しています。

25年以上の業務実績があり、これまでFDAに37製品178品目を提出し、すべてが受理されてきました。また、中国のNMPAに対しても13年以上の業務実績があり、過去3年間に19製品26品目のNDAを経験しています。

約600名のSASプログラマー、データマネジャー及び生物統計家を擁する大規模かつグローバルなチームが特徴です。全世界共通のSOPとWorking Instructionを遵守し、クライアントの皆様に品質とタイムライン、また緊急対応ができる余剰人員の確保をお約束します。スタッフの多くがCET level-6(TOEIC800点、英検準1級に相当)を保持しているため、自国のローカル試験だけでなく、他国の試験に直接参画することができ、スタッフのキャリアパスやモチベーションにもつながっています。

日本の現地法人であるClinChoice株式会社においては、多言語対応(日本語・英語・中国語等)ができるスタッフの派遣や、ライセンスインや海外申請済製品のPMDA向け変換業務、緊急を要する追加の統計解析や論文作成のサポート、他のCROと協業してのCDISC作成業務等、多岐に渡り活動をしています。その他、中国拠点”昆翎(ClinChoice Inc.)”と連携し、日本企業の中国進出及び中国企業の日本進出の支援を行っており、DMFの登録や、戦略相談からPMSの実施まで幅広く対応しております。

 

Our Mission

革新的な医薬品や機器の開発と商品化を加速し、より健康で安全な世界に貢献します。

Markets We Serve

Pharmaceutical

Biotechnology

Medical Device

Consumer Healthcare

Cosmetics


沿革